男の人

ハクビシン駆除の方法は様々なものがある|ストップ・害獣被害

作業は早めに行おう

一軒家

ハクビシンは夜に活発的に行動をはじめ、住宅の天井などに住み着いてしまうことで人々に多大な悪影響を及ぼす動物です。ハクビシンによる被害の主な例としては騒音や異臭などが挙げられます。時間がたつごとにハクビシンは繁殖してしまい数が多くなってしまいます。そうなると対処もとても大変になってしまうので、早めの駆除を行うことが重要になります。ハクビシン駆除の方法には段階があります。基本となる流れは、まず追い出してから侵入口となる場所を遮断することです。そのほか捕獲をしてから侵入口をふさぐという方法もあります。ハクビシン駆除を行うときの主な流れをご紹介しましょう。

ハクビシン駆除を行う流れはまず、住宅から追い出すことから始めます。ハクビシンの追い出し方は薬剤などをまき、追い出すことができます。そのほかハクビシンは木酢液やハッカ油などのハクビシンが嫌う臭いを充満させ、追い出していく方法もあります。煙や薬剤を散布していくには、脱出口となるところからできるだけ遠い場所の狭いところから順序だてて散布していくことが大事になります。主に天井裏や床の下、脱出口となるところを事前に確認してからこの追い出し作業は進めていきます。なかなか追い出せないこともありますが、きちん全部追い出せるまで作業を続けますので心配する必要はありません。ハクビシン駆除はこの追い出しをする方法と捕獲する方法の二種類があります。この捕獲作業を行うときは専門の業者に作業を依頼しましょう。それぞれの都道府県や市町村に設置されている保健所や、都庁、県庁、市役所、農業復興センターなどに連絡を入れ、有害鳥獣駆除の申請というものに手続きをする必要があります。この申請手続きには具体的な被害の状況や捕獲予定数、捕獲の期間、場所、使用する道具、何のために捕獲を行うのかなどの記載を行い、申し込み手続きをしましょう。この手続きを申請したあとに2週間から4週間ほどで許可がおります。許可がおりたら、業者から捕獲に関する説明を受けて捕獲の作業を行っていきます。捕獲の方法としては、素手で捕まえる方法と虫取りアミで捕まえる手取りという方法、また鉄砲などで射殺して捕獲する射殺駆除、檻や虎ばさみなどを用いて捕獲するワナ捕獲などの方法があります。ワナ捕獲は特定の資格がなければ行うことはできませんが、そのほかの捕獲方法は業者のほうで行ってもらえます。その後に侵入口をきちんと封鎖してまた侵入するのを防ぐとハクビシン駆除の作業は完了となるのです。このような流れでハクビシン駆除は行っていきます。被害が大きくなる前に業者の方にきちんと駆除を依頼していきましょう。