男の人

ハクビシン駆除の方法は様々なものがある|ストップ・害獣被害

夜行性の動物

住宅

ハクビシンとは、ネコ科の一種の動物です。夜行性で昼間は巣穴で静かに寝ているので被害はありませんが、夜になると打って変わって活動的になり、暴れまわります。ハクビシンは住宅の下などに姿を現すことが多く、夜になるとハクビシンが暴れまわる音で騒々しくて眠れないと被害を訴える人が多くいます。またハクビシンは排泄物のにおいがすごいことも被害の一つとなっており、家の天井や近くに排泄物を残すと異臭の原因となってしまいます。またハクビシンは一度排泄物をしたところにまた排泄を繰り返すという習性があり、一度してしまったら何度でもしてしまいます。せっかく片付けてにおいを除去したとしても、また排泄をしに現れるので、意味がありません。そのためハクビシンの被害から守るためには、ハクビシン駆除を行う必要があります。ハクビシン駆除を行わないといつまでもハクビシンの被害に悩むことになり、苦痛は続きます。ハクビシンは山や自然の残る場所よりも人間の多く集まる都心部に生息していることが多く、そこの生活に非常に順応して生きています。そのため都会に住む人々に被害を及ぼすことが多く、ハクビシン駆除の作業を行う必要性が極めて高いといえます。

ハクビシン駆除は時間が経ってからでは遅いです。早めの対処をする必要があります。ハクビシンは繁殖が非常に早く一度で多くて5匹程度の赤ちゃんを産むこともあり、一気に数が増えてしまいます。ハクビシンは身体能力が非常に高く、そのジャンプ力はとてもすごいといわれており、住宅の壁や柱などを軽々と上って住宅に侵入します。住宅の天井に断熱材などが設置されていることもあり、断熱材の暖かさを求めて侵入してそのまま住み着いてしまうというケースが非常に多いのです。暖かい環境のなかで出産を行うために棲家を作り、数を繁殖していくのです。数が増えると被害もさらに大きくなってしまいます。ハクビシンは夜に活動するので、安眠の妨げになり体を壊してしまう原因にもなります。また数が増えると天井が重さに耐えきれなくなり、抜けてしまう可能性も考えられます。排泄物もとても臭いがきついので、住み着かれる前に早めの駆除を行うことをおすすめします。ハクビシン駆除は被害が大きくなる前に行うことが大切なのです。