男の人

ハクビシン駆除の方法は様々なものがある|ストップ・害獣被害

被害はとても大きい

ハクビシン

ハクビシンは都会に生息するネコ科の動物の一種です。自然の中で生息するイメージが強いですが、そういった場所よりも都会の生活にとても順応していて人間の住宅の天井などに良く住み着きます。天井にハクビシンが住み着いてしまうと様々な被害がでてきます。ハクビシンの被害は実に様々なものがあります。初期の被害症状としては、騒音が一番に挙げられます。ハクビシンは夜行性の動物で、夜になると元気に活動します。昼間は静かに眠っているので気づきにくいですが、夜になると途端にじたばたと物音がするようになり、人々の睡眠の妨げとなってしまうのです。騒音による被害はハクビシンの被害のなかで最も多い被害であり、悩まされている人は数多くいることでしょう。天井で何か物音がするなと感じたら、ハクビシンが住み着いているのではないかと勘繰り、早めのハクビシン駆除を行うようしましょう。ハクビシンの侵入しやすい時間帯というのは、主に16時から20時の間、または深夜2時から早朝の6時の間に侵入するケースが多く見られるので、その時間帯に不審な物音がしたら、注意してみるといいです。

そのほかハクビシンによる被害はまだまだあります。それは糞尿の被害です。ハクビシンが住宅の天井に侵入すると起こる現象として不可解なシミがあります。このシミは実はハクビシンの糞尿によるシミなのです。住宅に侵入してから早くて1か月ほどでこのシミが出てくるようになり、強烈な異臭を放ちます。ハクビシンが排出する糞尿は非常ににおいがひどく、呼吸が困難になるほどです。異臭がする家では快適に過ごすことができるとはいえません。一刻も早くハクビシン駆除を依頼しましょう。またハクビシンの排泄行為が厄介なところは何度も同じ個所に排泄をするという習性です。ハクビシンは一度排泄を行った場所にまた排泄を繰り返していきます。そのため糞尿がどんどん蓄積していき、天井にシミとなって表れるのです。この糞尿の積み重なりが原因となり、天井が抜けてしまうという現象も起こってしまいます。ハクビシンの排泄物はひどいにおいを放つので、一度しみついてしまうとなかなかにおいを取り除くことは難しいと考えられます。そうなる前にハクビシン駆除を素早く行っておくこと重要になるのです。ハクビシンによる人々の被害はとても大きいです。何か天井で物音がすると感じるときや、住宅で異臭がするときなどは早めのハクビシン駆除を依頼することをおすすめします。