男性女性

ハクビシン駆除の方法は様々なものがある|ストップ・害獣被害

業者に作業を依頼しよう

作業員

ハクビシンはジャコウネコ科という種類の動物です。ハクビシンは主に都会の街に多く生息していて人々の住宅に多大な被害をもたらしています。被害の多くは、騒音や異臭問題です。ハクビシンは夜行性の動物なため、日中はほとんど寝ていて大人しいのですが、夜になると活動をはじめ、じたばたと暴れまわります。その行動から騒音が大きな被害として人々を困らせているのです。ハクビシンは非常に身体能力の高い動物です。高いジャンプ力を誇り、住宅の壁や柱など軽々と登ってしまいます。その高い身体能力を利用して住宅の天井などに棲家をつくり繁殖を行っていくのです。住宅の天井などには、断熱材などが設置してあるところも多く、温かい環境が整っています。そんないい環境に身を置いて出産が行いやすいようにしているのです。ハクビシンが天井などに住み着いてしまうと様々な被害が発生してきます。人間が眠っている時間に活動するので、睡眠被害が多く騒音に悩まされている人は多くいることでしょう。そのほか、ハクビシンは糞尿のにおいが非常に強烈です。天井などに住み着いて糞尿をしてしまうことで、天井を突き抜けるほどのにおいを放ち、とても大きな被害をもたらします。またハクビシンは同じ箇所に何度も糞尿を繰り返すという習性があり、どんどん同じ箇所に糞尿が溜まってしまい、異臭はさらに大きくなります。そういった被害をださないためにもハクビシン駆除は素早く行うことが肝心なのです。

ハクビシン駆除の方法は主に二種類の方法があります。基本的には住宅からの追い出しを行い侵入口を塞ぐ方法か、捕獲してから侵入口を塞ぐ方法かのどちらかの方法になります。追い出してから侵入口をふさぐ方法は、まずハクビシンが住み着いている場所に煙や薬剤を蔓延させ、追い出しを図ります。ハクビシンが嫌うにおいを放つ薬剤を棲家に充満させ、追い出す方法もあります。この煙は、脱出口からなるだけ離れた場所から散布していくことが大事で、狭い隙間などから行うのが一番最適です。なかなか追い出すことができない場合もありますが、業者のほうが完全に追い出せるまできちんと作業を行っていきますので心配する必要はありません。その場合でも料金なども変わりませんので安心してください。追い出しのほかは、捕獲してから侵入口をふさぐ方法がありますが、これは市役所などに設置されている専門の部署に連絡を入れて捕獲を依頼してみるといいでしょう。依頼するには書類に必要事項を記入して申し込みを行う必要があります。その後に業者のほうが捕獲作業を行ってくれます。捕獲や追い出しをしたあとに仕上げ作業をしてハクビシン駆除は完了となります。

夜行性の動物

住宅

ハクビシンとは夜行性のネコ科の動物です。住宅の天井などに住み着くことも多く、被害を受けているところがたくさんあります。ハクビシンは夜に活動をするため睡眠時間に騒音を発します。ハクビシン駆除は早急に行う必要があります。

View Detail

被害はとても大きい

ハクビシン

ハクビシンは主に住宅の天井などに住み着く動物です。ハクビシンが住み着いてしまうと様々な被害が発生します。騒音で眠れなくなったり、糞尿が異様なほど臭いため強烈な異臭を放ちます。そうなる前にハクビシン駆除を依頼しましょう。

View Detail

作業は早めに行おう

一軒家

ハクビシンは住宅の天井などに住み着く動物で、様々な被害をもたらす動物です。ハクビシンの被害が大きくなる前にハクビシン駆除を業者に依頼しましょう。駆除の方法は追い出してから仕上げを行うのと捕獲して仕上げを行う方法があります。

View Detail